プレミアアンチエイジング・クレンジングバームのD.U.O.

自然×科学 2つの融合から生まれたハイブリッドコスメ

ザ クレンジングバーム 400万個突破!

0120-557-020(通話料無料)

お買い物ガイド

カートを見る

現在、電話が混雑し繋がりにくい状態となっております。混雑解消までしばらくご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

BEAUTY LESSON 美肌レシピ

BEAUTY LESSON 美肌レシピ vol.6「唇にも年齢サイン?!あなたは見逃していませんか?」

すっかり肌寒くなって、乾燥も進み、お肌や唇のかさつきが気になる季節になりました。唇もお肌同様で、かさつく前とかさついてからのケアでは大きな差が出ます。今回は、乾燥や紫外線ダメージによる老化が現れやすく、それでいて見た目年齢を大きく左右する「唇」のお手入れについてお話しします。

お気づきですか?「唇」は最も年齢サインが出やすいパーツ

唇は肌と違って角質層がとても薄く、汗腺がないうえに水分不足を補う皮脂の分泌もありません。つまり水分蒸発を防ぐ機能がないわけです。冬はもちろん夏でも常に乾燥しがちな状態にあり、その分、年齢サインの縦ジワができる大きな原因になります。さらに年齢とともにハリ・弾力も失うので、輪郭がぼやけてしまってしぼんだ唇に。また、バリア機能が弱いため紫外線ダメージを受けやすく、シミや色素沈着、加齢による血行不良もくすみのもとになります。意外に、老化が目立つ要素は肌以上かもしれませんね。

手応えあり!年齢が出やすい分だけ、改善も早いのです!

お肌のターンオーバーは28日と言われていますが、唇は3ー4日と非常に短いのが特徴です。ダメージの回復が早いから、ケアした分だけ効果も早く現れます。だからこそ、徹底的にエイジングケア※すれば、ぷるんと、輪郭くっきり、若々しいピンク色の唇を取り戻すことができますよ。
※:エイジングケアとは年齢に応じたケアを指します。

おススメしたい唇ケア

beauty lesson バックナンバー

error: Content is protected !!